メニュー

胃カメラ

胃カメラ検査について

「内視鏡検査はしんどい…」と感じ、症状が現れているのにも関わらず検査を避けてしまう方はたくさんいらっしゃいます。 ですが、病気の適切な治療のためには、早期に異常箇所を見つけることが極めて重要です。 中村まさし内科クリニックでは、患者様がより快適に内視鏡検査を受けられるよう、患者様の希望に沿った鎮静剤を用いた検査が可能です。また、より細い内視鏡を使用することや、鼻から行う経鼻内視鏡検査も選択肢としてご提供しております。患者様一人ひとりの状態に合わせた検査や治療をご提案させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

胃カメラ検査は、胃の健康を評価するための医療検査です。

概要

胃カメラ検査では、医師が細い管状のカメラ(内視鏡)を口から食道、胃、十二指腸に進め、これらの組織の内部を視覚化します。この検査により、内臓の状態を直接観察し、CT等で発見することができない、潰瘍、出血、炎症、腫瘍、ポリープなどの異常を検出することができます。

目的

胃カメラ検査の主な目的は以下の通りです。

  1. 診断: 胃痛、吐血、黒色便、不明瞭な体重減少、嚥下困難、胸やけ、胃酸逆流などの症状の原因を診断します。
  2. スクリーニング: 胃癌や食道癌などの消化管のがんを早期発見するための定期検査。萎縮性胃炎のある方は定期的に胃カメラ検査をする必要性があります。
  3. 組織検査: 胃内視鏡を用いて胃がんを疑う病変部位の組織を採取し、病理(顕微鏡にて)診断を行います。

重要性

胃カメラ検査は、以下の点で非常に重要です。

  1. 早期発見: 胃がんや食道がんは早期に発見することで治療の成功率が大幅に上がります。胃カメラ検査は、これらのがんを早期に発見するのに非常に効果的です。
  2. 確実な診断: X線やCTスキャンでは胃の内部の潰瘍やポリープ、胃がんを見つけることが困難であることが多いです。それらを、胃カメラ検査では確実に検出することができます。
  3. 最小限の侵襲: この検査は、比較的安全で、患者にとって負担が少ない方法で胃の状態を評価することができます。

胃カメラ検査は、胃や食道、十二指腸の健康を評価するための最大で最も重要な検査方法となっています。この検査は医師の判断により、患者の状態や症状に応じて行われるべきものですので検査前に検査可能か医師の評価が必要となります。

内視鏡システムについて

 当院では最新の内視鏡富士フィルム6000システムを取り入れております。

富士フィルム 6000システムの特徴

  1. 高解像度画像: このシステムは、非常に高解像度の画像を提供することができます。また、LCI観察(正常な粘膜と炎症部はわずかな色の差があり、それを識別する観察方法)、BLI観察(血管や表面構造の変化を強調して癌を見つけやすくする観察方法)これにより、より細かな異常や病変を発見することができます。
  2. 操作性: 操作パネルやスコープが使いやすく設計されており、検査の際に医師がよりスムーズに操作することができます。これにより、患者様の負担を最小限に抑えることができます。
  3. 鎮静なしでも快適な検査体験: システムの特性上、検査時の痛みや不快感を大幅に軽減することができます。これにより、鎮静剤なしでも比較的快適な検査体験を提供することができます。でも、鎮静剤をいれる方が圧倒的に楽ではあります

経鼻内視鏡 EG6400N

1. 細さ

EG6400N の最も重要な特性は、その細さにあります。通常、口腔を経由する内視鏡の先端系は9-10㎜程度ですが、経鼻内視鏡はこれよりも遥かに細いです。当院で使用しているEG6400Nは、その直径がたったの5.8mmです。この細さにより、患者様の喉への負担を大きく軽減することが可能となります。その結果、検査中の不快感や、gag reflex(ゲップ反射)を最小限に抑えることができます。

2. 快適な検査体験

EG6400N 経鼻内視鏡は、その細さだけでなく、患者様にとって快適な検査体験を提供するための多くの機能を備えています。例えば、柔軟なスコープ先端は、検査時の痛みや不快感を最小限に抑えるために設計されています。

なぜ富士フィルム 6000システムを選んだのか?

当クリニックでは、常に患者様の安全と快適さを考え、最新の設備と技術を導入することに努めています。富士フィルム 6000システムは、その使いやすさ、安全性、そして高い検査能力により、当クリニックの方針に非常に適したシステムであると判断しました。

私たちの目標は、患者様に最高の医療を提供することです。この新しい内視鏡システムの導入により、より多くの患者様に安心して内視鏡検査を受けていただけることを願っております。何かご不明点、ご不安がございましたら、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME