メニュー

糖尿病|堺市東区初芝近く中村まさし内科クリニック

糖尿病について

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

 

また、糖尿病患者さんは、一般の方と比べて約20%も癌(がん)になりやすいとされています。また、糖尿病患者さんの死因の約38%は癌(がん)です。特に消化器癌においては明らかな増加が見られており、肝臓癌は1.97倍、膵臓癌は1.85倍、胆管癌は1.66倍、大腸癌は1.40倍の増加が報告されています。

当院では、これらの癌(がん)の検査に必要なエコー、CT、MRI、および内視鏡の設備を備えております。このような検査を提供できるクリニックは数少ないです。糖尿病と癌(がん)の関連性についての検査や早期発見に取り組んでおりますので、安心してご相談ください。

 

糖尿病の治療について

当院では、糖尿病の治療において以下の目標を設定しています。

  • 若年の糖尿病患者の場合、HbA1c値を6.0%未満に維持することを目指します。
  • 高齢者であり、低血糖発作のリスクがある薬(SU薬やインスリン)を服用している患者の場合、HbA1c値を7.0%未満に抑えることを目指します。
  • 高齢者で認知症の症状を抱える患者の場合、HbA1c値を8.0%未満に保つことを目指します。

当院では、運動療法、食事療法、内服薬、およびインスリン注射などの薬物療法を総合的に行っています。患者さんの個別の状況に合わせた治療を提供しております。

下記に糖尿病の治療目標について提示します。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME